Home > スポンサー広告 >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://mga1225.blog133.fc2.com/tb.php/108-63c41a0e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from City Lights Stimulation

Home > スポンサー広告 >

Home > 音楽 >

  • Posted by: rumor1225
  • 2012-04-12 Thu 08:19:17
  • 音楽
そんなこんなで二カ月弱ほどアルバム作りに没頭していたわけですが、やたらダダリオがぶちぶち切れやがりまして。
「あーこれは外れのロット来てるな」と思ってその時のレコーディングから弦を変えました。

ディーンマークレーのニッケルスチール弦、.010~.046です。

わりかしガッツのある音出してくれます。CSLCでは「Connotation」、「Apricot(retake)」の全編と「Sentimental」のソロで使われてます。

アンプも、基本的にマーシャル系使いました。「Somewhere」と「Sentimental」では重心を上げて軽くするために従来のフェンダー路線ですけど。

ベースも弦が切れやがりまして。四弦が。一番大事な。全交換っすよ。こちらはワーウィックの赤ラベルからダダリオに。

それに伴ってベーアンもモデリングから音作りからやり直しました。
岸田さんのセッティングを真似したんですが、ちょっと重心高くなりすぎた感が否めないので見直します。

弦のこと書こうと思ってタイトルつけたのにアルバム全体の話になった。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://mga1225.blog133.fc2.com/tb.php/108-63c41a0e
Listed below are links to weblogs that reference
from City Lights Stimulation

Home > 音楽 >

タグクラウド
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。